ENERGY FUND
エネルギーファンド

エネルギーファンド概要

自然エネルギー資源を有する事業者にファンドで支援し、再生可能エネルギーの活用・導入を通じて、地域経済の活性化、雇用促進を目指します。

FIT(固定価格買取制度)を活用した売電利益を地域還元できる事業者へ移転させます。

エネルギーファンド
投資目的

  • 温泉発電の先駆者としての取組。

  • 詳細な調査結果をもとに設計し、発電機本体に特化したデータを採取。

  • 実績をもとに、高効率の発電機開発に寄与。

  • 発電可能域を拡大させ、発電事業参入を支援。

  • 大分県を先進地とし、温泉熱発電を全国へ普及。

エネルギーファンドの仕組み

運用ファンドのご紹介

おおいた自然エネルギーファンド

ファンド規模 25億円
組合期間 平成25年4月〜平成34年12月
投資対象 主として、大分県内の温泉事業者が保有する泉源を活用した再生エネルギーの発電事業
出資者 大分銀行を始めとする銀行グループ2社、地場企業1社、グリーンファイナンス推進機構、大分みらい信用金庫、大分県信用組合、大分県、大分ベンチャーキャピタル
投資手法 設備投資への融資、SPCへの株式出資、調査費支払
ページの先頭に戻る
大分ベンチャーキャピタルは起業家のあなたを応援します。
Copyright © Oita Venture Capital co., ltd. All Rights Reserved.